スギハラ酒店

お酒を探す

商品カテゴリから選ぶ
メーカーから選ぶ
商品名を入力
販売価格(税込)で絞る
 円から
 円まで

商品一覧


燗酒が旨い日本酒(店長おすすめ)

飲む温度ごとに味わいが変わる旨さ

黒帯 悠々(特別純米)1800ml2,484円720ml1,242円
加賀鳶 山廃純米1800ml2,646円720ml1,328円
菊姫 鶴乃里1800ml4,320円720ml2,268円

★ おいしい燗酒をつけるには湯煎(ゆせん)をおすすめします。

湯煎は酒全体がゆっくり温められるため、お酒の味と香りを損なうことなく旨味が引き立ちます。たっふりのお水をなべに入れて沸騰させてから火を止め徳利を沈めて温め、徳利の底で加減を見ます。徳利の底に手をあて熱いと感じるくらいがぬる燗です。

お燗のつけ方

湯   煎お湯に徳利を入れ、お好みの温度で引き上げる。
蒸 し 燗徳利などを蒸し器に掛ける。やや辛口になる。
電子レンジ 手軽で便利だが口の部分ばかりが熱くなる。
酒 燗 器こまめに手入れしないと、味や香りを損ねやすい
自 火 燗やかんなどに入れ直接火にかける。辛口になりやすい

日本酒は温度によって香り、味わいが変わります。
あなたの一番おいしい飲み方を見つけて下さい。

一般的には冷やすほど甘みが感じにくくなり、酸味や苦み成分が引き立ってくるので、シャープで引き締まった味になります。でも冷やしすぎると刺激目立ってきます。温度を上げていくと徐々に甘みや旨みが強くなって味わいに深みが出てきます。ただしあまり熱すぎると酒によって香りのくせが強くなったり繊細な味わいが感じにくくなったりします。

燗の表現と温度

日向燗(ひなたかん)30℃近辺
人肌燗(ひとはだかん)35℃近辺
ぬる燗(ぬるかん)40℃近辺
上燗(じょうかん)45℃近辺
あつ燗(あつかん)50℃近辺
飛びきり燗(とびきりかん)55℃以上

日本酒4タイプ分類表

日本酒造組合中央会ホームページより引用

(株)杉原酒店 金沢市広岡2-1-22 TEL076-263-6501(代) FAX076-263-1661
© 2007 Sugihara Saketen All rights reserved.